2013年12月17日火曜日

「おやじの会 ママに捧げるテーブルマナー」に参加した妻がまとめてきたテーブルマナーその16

本日(平成25年12月17日)おやじの会のイベントとして、
ママに捧げるテーブルマナーを世話人の一人、田熊さんに講師としてプレゼンを行なってもらいました。田熊さんは長年、都城のホテル業に携わりサービス技能士の資格を持ちます。

おやじの会としてテーブルマナーのプレゼンターとしてはうってつけの「おやじ」!
普通の座業では楽しくないので、実際のコース料理を食べながらのプレゼンを企画してもらいました。
20131217220846

ママ友とランチで集まることはあっても、夜のディナーは雰囲気がことなります。テーブルマナーをまなびながら、語りながらの食事はさぞ美味しいでしょうな~(いいな~行きたかった)



妻がまとめてきたテーブルマナー16
その1.席を勝手に座らない
予約が入ってることもあるので確認して座る


その2.コートを必ず脱ぐこと
外のホコリを持ち込まないため、入り口でコートを脱いでお店にあずけてください。


その3.必ず左側から座る
机に対して椅子の左側から座るようです。


その4.苦手な食材は上に寄せる
お皿の中央よりも上に寄せておくと、お店の人が「この食材は苦手なんだ」「この食材は食べないんだ」と判断してくれる。


その5.前菜がカラフルな理由は食欲をそそるため
見た目で美味しさもかわるんでしょうね。料理人の配慮ですね。子供のお弁当も「見た目で食べる」と聞きますし。
20131217190858


その6.終わったらフォークとナイフは揃えておく
その料理皿を食べ終えた、もう食べられないって時の合図です。フォークとナイフを揃えておくとお店の人が下げてくれます。
20131217192216


その7.フォークやナイフが落ちたら遠慮なく呼んでお願いする
手を叩くでウェイターは気がつく。「おーい!」って大声はNGよ。


その8.ナイフフォークは外から順に使う
似たようなナイフ・フォークがあるでしょうが、外から順にってルールを忘れずに。
お皿を下げる時にナイフ・フォークもお皿に乗っていたら、下げられてしまうので、順番を間違うと次の料理に使う道具が無いって事も^^;


その9.パンは味が無い物だけつける(食パンなど)
ソースやスープを頂くときにパンを一緒に食べることも。でも、甘めのパンや飾り気のあるパンはそのまま食べること。パンの味がソース・スープの邪魔をしちゃう。
20131217192818


その10.パンは少しずつ食べる、最後まで残っててもいい、レタスとかフォークで刺さらないものはパンと挟んで食べれる
スープと一緒にパンが出ることが多い。その時にパンを食べきらなくてもイイ。その後に来る、肉・魚料理の時にはお腹いっぱいになってしまう可能性がある。食べきれる人は食べてもいいのよ。


その11.パスタは普通はスプーンは使わない
スプーンを使うのは日本人だけ、イタリアとかはパスタが短いため、スプーンが無い店もある。「女の子食べ」やソースの飛び跳ねが気になるから使うんでしょうけどね。
20131217194428


その12.ワイングラスを回す時は内側に回す、外側に回すのはタブー
ワイングラスに注がれたワイン、飲む前に回す事はあるのですがその方向に理由があるとか。外から内に向けて回すのがマナー。逆に内から外に回すと遠心力で外に飛んでしまう・香りが逃げる。

また、グラスを回すのは赤ワインだけなんですって!常温にするためとな。逆に、白ワインは冷たいまま飲んで欲しいので回さない。白ワインを回している人はもぐりですな!


その13.肉料理の時にお腹に余裕があればパンを頼んでもよい、肉料理は結構こってりおもい
写真のお肉、結構なボリュームです。特に女性であれば食べきれないでしょう。お肉の前にパスタが来るので女子には多いかもね。なので、前半に出てくるパンは食べ過ぎないように。
20131217200155


その14.コーヒーとデザートは一緒に出たり出なかったり
デザートに合わせて飲み物を調整することも。本日はパンナコッタだったのでコーヒーよりは紅茶が合うと判断した田熊さんはコースを調整してくれたとか。やるね~
20131217202745


その15.飲み物をストップする時には二本指で止める
ワインを注がれる時に、グラスを二本指で触れることで「ワインは十分楽しめました=ごちそうさま」と伝わります。飲まれないように。


その16.ワインについた口紅とかは指でふく、そしてふきんで
特に女性には気をつけてもらいたい部分かも。一度指で拭き取ってからナプキンで拭き取るのが正解。


20131217220716
準備から実施からいろいろ有り難うございましたm(__)m
THE JAPONAIS 鹿児島
↑今はこちらで活躍されてます。
鹿児島に足を運んだ時は冷やかしでも良いから覗いてみてくださいね。