2012年3月2日金曜日

33 送る人送られる人 送りたい人送られたい人


今夜は送別会


毎年、新入社員が入って毎年卒業する人が居ます。
今年はちょっと多かった。うちを卒業する人が。




後輩から抜けていく年


私が若手の頃(新人さんって呼ばれている時代)は
どんどん先輩が成長のために、勤務地から卒業して行ってました。

最近は私よりも若手の後輩がどんどん卒業してきます。




送る人 送られる人


今日はいろいろな人の涙を見た。
送る人、送られる人
送られたい人、送られたくない人。

どっちも未練が見え隠れ。


人と離れるってつらいことも多いけど、新天地で我々の仲間が働いているって思うとすばらしいことかも。




今日のためだけの言葉じゃなく、毎日伝えたい


送別会の時に、最後の最後に本音を語る人がいる。
もう離れていくことはわかっているのに、決まっているのに、引き止めなくてもいいじゃない。
引き止めたいならもっともっと早くから語り合えばいいのに。


送るときは、本人は肝を据えて決断している。
それを濁さず、送り出したい。