2012年8月14日火曜日

実施計画書の作成の山に恐れを無して逃げていた私


実施計画書の作成の山に恐れを無して逃げていた私

想逃亡的猴子 / *嘟嘟嘟*

  えいやーっと作るべき対象者のリストを作成し、作るべき日を抽出する。
  大きな山も、道筋が見えてないとどっから入っていいのかわからない。
  目の前に佇む大きな仕事の山も同じようなもの。


富士山 Mt.Fuji / densetsunopanda


  やばい!ってビビった時には一歩下がって全体を見る。
  入れそうな道を見つけるために、まずは全体を見る事。
  ちょこっと入れような隙間が見つけることができたらこっちのもの

Cave style passage [Fussen / Germany] / d'n'c


  その隙間をきっかけに仕事の山のできるところからちょこちょこっと手を入れていく。
  手を入れきれなければ、手が付けられそうな形にまで小さく分解する。
  実施計画書を作成しないとな~って思っているうちはまだまだ大きな山



    まずは山を小さくするべく、計画書を作成する人を選ぶ。
    一人でもOK
    その一人の作るべきスケジュールを立てる
    それだけでもOK


    その日にちゃんと作れるように、実施計画書のテンプレートを手元に準備する、それだけもOK
    具体的に確実に出来るレベルにまで仕事を分解すると、仕事にとりかかる時にも具体的に動ける。
    仕事を中座しても、すぐに元の仕事に戻ることも出来る。具体的ならね!



  来年3月までの作成スケジュールを立てて、その日に取り掛かれる用に資料の準備、テンプレートの作成を済ませました。
  自分の時間を捻出して、仕事、学業、家庭を大事にするには、大きな仕事の山を、具体的に出来るレベルにまで小さく分解する必要があります。


  そうすることで安心して仕事にとりかかることができるようになります。

ほら、光が見えてきた!
 
Skylight in a Cave - National Zoo - Washington, DC / Mo Kaiwen 莫楷文