2012年12月18日火曜日

寒いから風邪をひくって、ほんとなの?


プレゼンだよ全員集合!でプレゼンした内容


平成24年12月15日に開催されたまなび長屋vol.12「プレゼンだよ全員集合!では私も壇上にあがりました。 その時話した内容をおさらいを含めてご紹介。



寒いから風邪をひくって、ほんとなの?


小さい頃から風邪を良く引いていた私は、両親から口酸っぱく言われました。 まあ、確かに、寒くなると風邪をひく人が増えますよね。 でもね、私が常日頃から抱いている疑問に関して話します。

 それは 寒いから風邪をひくって言葉 よく聞くでしょ よく言われるでしょ でもそれってホント?って 幼ながらに思っていました。

 小さい頃から良く風邪を引いていました。 風呂あがりになかなか着替えない私を見て、母が『早く着替えないと風邪引くよ!』 
言われたこと有るでしょ? 

 今ぐらいの時期になると、ちょっとクシャミをするだけで 寒くなったからね~風邪引くよ』
って言うでしょ? 


 もし、寒いから風邪を引くのであれば 北海道の人は年がら年中風邪を引くのでしょうか? 逆に、常夏の沖縄では風邪を引かないのでしょうか? 

 寒いから風邪を引くんじゃないんです。 風邪を引くのは9割ウイルスのせいなんです 寒さのせいではありません ウイルスなんです! 
 風邪を引かない人は◯◯ではなくて、ウイルスに強い人なんです! でも待てよ・・・ 確かに寒いときはブルってするよね 悪寒が走るよね だいたいその時には風邪を引いてしまうことが多いよね なんでだ?

多分、答え


 多分、こたえ① 体温が1℃下がると免疫機能が低下するらしい 体温が下がり免疫機能が落ちることで、 ウイルスへの耐性が保てずに風邪を引いてしまう。 やはり寒くなると風邪をひくのか?

 多分、こたえ② 重度の睡眠不足で風邪をひく 睡眠不足は高血圧や肥満、糖尿病などの疾患発症と関係しており、慢性的な寝不足が免疫系の障害の危険因子であることも示唆されている。 血液中の白血球数の追跡調査で、徹夜している人の白血球は昼夜の周期性を失い、過度に増えており、正常な免疫機能を保てていない事がわかった。 

 多分、こたえ③ 外気温が低くても、体温は普通36℃前後あります。 体温が保てれば大丈夫でしょう! ここらは、体温の生産の問題です 体温の生産は何もしていないときは内蔵が主 身体活動時は筋収縮が主となります。 
 現代社会、50年前と比べると基礎代謝の低下、基礎体力の低下、筋力の低下が起きています。 平成23年度体力・運動能力調査結果の概要及び報告書から 30年前の10代と現代の10代の結果では 伸長・体重は増加。走力や筋力は低下しています。
 幼い時期の子供でも筋力低下が認められている んじゃ、どうしましょ! まずは熱を保ちましょう



まずは熱を保ちましょう!


 そのためには3つの首を締めることが大事。場所は、首・手首・足首の3つです その3つを締めるけるような服装を心がけていけば大丈夫! 

 次に睡眠を確保しましょう 1日8時間は難しいでしょう 睡眠のゴールデンタイムと言われている22時~2時には寝ているように。

 次に熱を作りましょう 安静時は内臓器の活動で熱産生します。 と言うことはあまり内臓器に負荷をかけない方がいいでしょう。食生活を見直すことです。 暴飲暴食を控えること アルコールを控えること。

 活動時は筋収縮で熱産生します。筋肉の多くは体幹から下半身についています。 体幹、下半身を鍛えることが近道です。 散歩、できるだけ歩く その場で出来るのは足踏みや四股もいいですね。 


 あれ?そうなると風邪を引かないためには・・・ 暴飲暴食を止めて、ちゃんと睡眠を摂って適度な運動をすること 早寝早起きが一番いいんです!


まとめ


結局の所、風邪を引かないためには昔から言われている、早寝早起きが重要になるのではないでしょうか。 では、そろそろ寝ましょうかね~


スライドシェアにもアップしてみました


スライドが見たい方はどぞ(Windowsで作ったから?レイアウトがちと崩れてます)