2014年1月5日日曜日

正月太りの原因は食べ過ぎよりも循環不全だ。

毎年恒例の正月太りじゃ~

あけましておめでとうございます!
2014年もよろしくお願い致します。

なぜ人間は同じ過ちを毎年繰り返すのでしょう。
忘年会、新年会で暴飲暴食、夜更かしに運動不足と完全に生活リズムが狂います。


帰省して地元に戻り、懐かしい人と飲食を共にすればそりゃ~もう完全に正月太りです。




正月太りは食べ過ぎじゃなくて循環不全


でも待てよ。
年末年始で食べ過ぎたとしても1kg脂肪が増えるにはどれくらいのカロリーが必要というと・・・
1g=7キロカロリー
1kg=1000g=7000キロカロリー必要となります。
↓参考記事
ハヤベン: まなび長屋ダイエット部 まずは知識武装をしましょう。


日常生活で平均的に摂取しているカロリーが、だいたい1800kcal~2200kcal前後です。
体重が1kg増加するには日常の摂取カロリー約2000キロカロリーに加えて、7000キロカロリーも摂取しないといけません。
てか、出来ませんよね。ビールなら20本近く飲まなきゃ無理です。(ん?飲めるって???)

正月太りの原因は食べすぎよりも、水分(おしっこ、むくみ)や食物(う◯こ)が排出されずに体に残っているからです。
年末年始の暴飲暴食、イベントで生活リズムの不調からくる体調の問題です。



生活リズムを整えるには早寝早起きから


結局のところ、正月太りの原因である排出(排便、むくみ)に関する循環不全が原因です。
とにかく、自身の体調を整えることが先決です。
食生活を改める、入眠時間を早くする、睡眠時間を確保する、早起きして体を動かすことが生活リズム、体調を整えるには簡単にすぐにでも出来る解決方法です。




まとめ


我が家ではいつものように早寝早起きを実践、運動量を確保するために子どもと公園に、食生活を整えるために七草粥をいただきます。


皆様はどうやって体調を整えますか?
早寝早起きが即効性がありおすすめです。