2014年3月23日日曜日

献本!「100円ノート整理術」一元管理と検索が肝。導入は使いやすいと思えるか。

情報は一冊のノートにまとめなさい 完全版
を献本いただきました。
著者の奥野宣之さん、イケメン編集長さん、ありがとうございますm(__)m

20131130174531
<一言でいうとどんな本?>
自分の経験(行動や心に止まったこと)が1つにまとまったノートを持つことで得られる知的生産システムの提案


一元管理と検索が肝。万人に受けるかどうかは使いやすいかどうか


<コア・ターゲットは?>
中堅、一般的な業務に加え、企画やイベント管理、文章力が求められる人


<どんな行動を後押し?>
日常のログを取ることが自然と身につく。そのログをどう活かすかはユーザー次第ではある。


<どのように後押し?>
自分の行動、その行動と共に沸き起こる感情を記録する。また、見返すことが習慣化すれば、自分史にもなり、自分の行動、経験を通した知的財産になる。読み返したときに思い出す行動・感情・環境がアイデアに昇華することも。


<PTくわえが受けた影響は?>
とにかく、ログを残すためにメモをするようになった。そこから日記に転記したり、Evernoteにまとめたり。元々Evernoteに情報を集める習慣はあったが、Evernoteに入れるまでもない情報はノートには必ず残っている。Evernoteに入れた情報もノートに書き出して再考やマインドマップへのネタにするようになった。


<実践論「やってみよう」を追加>
Evernoteに入れた情報もノートに書き出して再考やマインドマップでの情報の整理。それを写真で撮ってEvernoteに保存。情報が集められ、編集され、さらに具体的なアイデアに成長する。これはお勧め。


おすすめ
著者の奥野さんの楽しみの1つは、「次のノートを探すこと」。そのために文具店や書店に足を運ぶ事も楽しんでいる様子。



私の好みはサイズ、規格の統一されたノートが好みなのでモレスキンポケットを愛用しています。後輩にもプレゼントするぐらいおすすめのノートです。