2014年5月13日火曜日

見返さないとただのラクガキ。振り返ることが意味がある。

後輩との面談で衝撃発言が
昨日は、職場の後輩のお仕事ぶりについて面談をしてきました。
『物忘れが多い』と本人が悩んでいたので、メモを取ったらとアドバイスをしたのが3月末。
その効果検証をと思い、面談をしたのですが・・・


中身を見てみると、飛び飛びの記述。
飛び飛びでもメモるだけ成長はしたな~と感心していたところ衝撃の発言が・・・


『でも、あまり役にたってない気がします』
メモをとるけど、結局仕事のミスは多いままとのこと。なんでた???
それはメモの意味と次の行動がつながってないからだよ。



メモをする理由は簡単。
頭のメモリーを開放するためにメモります。
頭の中身を空っぽにして、目の前の仕事に向かうためにメモします。


メモする内容って、
何かしらの仕事の依頼
気になること
覚えておきたいこと
忘れたくないこと
忘れてはいけないこと
忘れたいこと


気になることや頼まれ事が常に頭のなかにあると集中できないでしょ。目の前の仕事に集中するためにメモをするのです。



メモは見返すからこそ意味がある
たとえ、頭の中身をメモることができてもそれを見返して、自分の仕事に落とし込まないと、メモはただのラクガキになっちゃう。見返して、次の行動を約束することでメモの意味が出てくる。仕事の流れが出てくる。

もうちょっと面談を繰り返して、伝えていかんとね。