2014年7月23日水曜日

主婦が太る理由が分かった!もったいないって思うもん。

洗濯、炊事、ラジオ体操のPTクワエです!

夏休み直前に第四子の出産が重なりバタバタと主夫しております。スマートな家事メンに転向です。

昨日から、何度洗濯機を回して干しての作業を繰り返したのかも数えられないくらいバタバタしております。

たった数日ですが主夫をしてて気がついたことがあります。

それは、「主婦はやっぱり太る」ということです。

朝から晩までごはんを作って、掃除して、買い物して。夕方に子供達が帰ってきたらまた山のように溜まる洗濯物との戦いです。

洗濯機を回している間に、「腹減った〜」の大合唱が始まります。

何が食べたいかな?とメニューに悩みながら作った、夕飯。


腹減った〜の大合唱の期待とは裏腹にご飯を残す子供達。


あんなに一生懸命作ったのに食べないの⁉︎えー!っと思っているうちにいつの間にか自分がパクリと食べてしまう。

いやいや、せっかく作ったし、残すの勿体無いし、美味しいもん。パクリ。

捨てるとか、旦那の稼ぎて贅沢は言えないよね。消費税も上がったんだから無駄には出来ない。パクリ。パクリ。

なんだかんだで、自分の分プラスα子供の残した分をペロリと食べてしまう。

そりゃ〜太るよね。
でも、せっかく作ったんだもん、美味しいし食べて欲しいんだもん。残して欲しくないんだもん!自分の頑張りの塊をきれいにしたいんだもん!
パクリ。

妻が帰って来る時に増量してるかもな