2014年9月25日木曜日

誤作動祭り!?飛行機の肘当てにスイッチ付けるかね?

東京までの移動に飛行機を使いました。東京行きにしては小さめな機体。B767-300


シート背もたれは薄めですが、まあまあのクッション性。2時間ぐらいなら苦しくはないかな。
んがしかし,今回の問題はシートの肘当てにありました。


『お呼びでしょうか?』とCAさんが来てくれました。

「ん?」何用かしら?


まさかのCAさんのお名刺を頂ける案件なのかしら?と目を丸くした私の表情を見て、あっと判断され私の肘当てに手を伸ばして来ました。


私の右側の肘当てのここん所にボタンスイッチが付いてるんです。


左側は普通の肘当てです。お隣さんも居ないので、一人で左右の肘当てを占領したらこの有様。


忙しいのにお手をわずらわせてすみませんm(_ _)m


肘当てはこんな感じ。これって、肘に体重を乗せたら無意識に押してしまいますよね。このデザインはちとまずいです。

押さずに楽な姿勢を取るためには、こう座らなきゃ(ーー;)

結局、2時間の間、肘を載せずに窮屈な姿勢で載ってました。

これ、私意外にも間違えて押してしまうお客さん、居るよね(ーー;)