2016年1月25日月曜日

腰痛を防ぐのも治療するのも理学療法士のお仕事!


平成28年1月24日に宮崎市内で講習会があり参加してきました.腰痛の予防,腰に優しい介護技術普及事業として宮崎県理学療法士会が気合を入れて企画しています.私は都城ブロックの担当として参加.


各地域に所属する理学療法士が複数名でチームになって,各地域で腰痛予防事業を展開していきます.その共通認識を持つための講習会でした.私自身がつい数週間前にぎっくり腰をしたばかりだったので講義にも実技にもノリノリで参加してきました.


(ここら辺のしんどいやつは若手の先生にお任せ)
日本の腰痛罹患者は増える傾向にあり,介護職の離職率を高める一因にもなってます.腰痛が生じると,自身の筋力も低下するし活動量もぐーんと減る.結果,患者さん,利用者さんの能力低下や介助量の増加,職場への負担が増すと良くないことが起こる傾向にあります.

その腰痛を防げるのは理学療法士ですし,治療できるのも理学療法士.なんとか宮崎全域の理学療法士が踏ん張って,県内の介護福祉士の腰を守らなくてはいけません!

2月には事業が本格始動していきますので,その前に私の腰も万全に戻しておかなくてはいけません.
皆で,腰痛を防いでいきましょう!