2017年10月1日日曜日

目を見て話を聞きなさい!って言うけど、目を見て話を聞けない子供

『人の話を聞くときは、相手の目を見なさい』って言われたことありますよね。

大概、その言葉を言われるときは何かしらの注意受けてたり、叱られているとき。誉められているときには言われたことはない。

今日、久しぶりにその言葉を聞きましかた。まさしく、大人が子供に指導している場面。

大人が子供に言うことを聞いてほしくて声かけを繰り返し、最後の最後に放たれた言葉。

『人の話を聞くときは、相手の目を見なさい』
と言葉を発するときは目で相手を押さえ込んでない?自分の思い通りにしたいだけじゃない?

目は口ほどにものを言いますからね。

言葉の意味よりも、その言葉を発する時の目が怖いのかも。

子供としては、指導している大人の目が怖くて見続けることが出来ないのかも。

大人の言葉を理解するために、頭の中を整頓するために目線を離しているのかも。

自分の振る舞い方を気づかせてくれる出来事でした。