2012年4月4日水曜日

先輩がひた隠しにしたがるEvernoteの使い方 ノートの管理3


常に使っているデータが上段に来るように

もう一つノートの管理として常に見ているノート、更新頻度が高いノート、最近手を加えたノートが上段に来る設定をお勧めします。


Evernoteの使いはじめの頃はノート数も少ないので、閲覧も検索も簡単なのですが、ノート数が1,000を超えてくるとしんどくなります。

また、デフォルトの設定では、「ノートの作成日による並び替え」というルールによって、Evernoteで一番初めに作られたノート(Welcome to Evernote)が最上段に表示されます。





常に見ているノート、更新頻度が高いノート、最近手を加えたノートが
上段に来る設定をお勧めします。




Evernoteを立ち上げた時に、常に更新されたノートが目に入るようになります。
自宅でハヤベンしていた論文作業が、出勤後の職場のパソコンで続きをすることができますね。

このスムーズさは捗ります。
否が応でも目に入るので、「お!取り組まなきゃ」って気持ちになれるので、
ちょっとしたリマインダーとして活用しています。