2012年4月13日金曜日

先輩がひた隠しにしたがるEvernoteの使い方 情報の利用


情報がすべてあるから毎日見る

今日現在で私のEvernoteにあるノートの数は12000を越えました。 
重要なモノもあれば、買い物のメモやなんでこんな情報を残したんだろ?ってモノも有ります。 
でも、それはすべて私が必要って思った記憶・情報の一部なんです。

 

自分自身に関すること、 
家族に関すること、 
仕事に関する事、 
大学に関すること


すべての情報が集まっているので、 私は毎朝Evernoteを立ち上げて毎日見てます。
↑01個人と04大学は毎日開いて中身を見ています。



 

一日の使い方

情報が詰まっているEvernoteをどのように使っているかをご紹介します。 まずはインボックスをゼロにすることから一日が始まります。 

パン屋の棚空っぽだ / kakutani
 


前日までに保存されたノートがタグのついていない状態でインボックスに居ます。 



検索窓に notebook:000.inbox -tag: と入力すると タグのついていないInboxにあるノートを検索することが出来ます。 タグを付けるのはそのノートに情報を付加し、次に使いやすくするためです。


上のnotebook:000.inbox -tag:は保存をしておくと、次からのタグ付けがしやすくなります。 

スケジュール調整が必要なノートの場合は、 そのままGoogle Calendarに入力したり、タスク管理ツールに移行していきます。





メインはブログと論文作成

タグつけしたノートでメインに使っているのはブログ作成と論文作成に関するものです。 
現在控えているのは5月末の国際学会と卒業論文の大仕事。 
毎日少しずつでも手をつけていないと大変な事になります。 


現時点でも大変です^^; 
ほんとにタスクの洪水に巻き込まれて溺れてしまうくらい作業量の多い仕事です。 



論文も投稿先や学会名のタグを付けており、ワンクリックでノートが参照出来るようにしています。 扱うデータもWord・Excel・PowerPoint・txtなど多種にわたりますが、 ほとんどのデータをEvernoteに収めることができてます。 もちろん論文もPDFの形で保存できてます。




 

作業はパソコンで、閲覧はiPhoneで、iPadではプレゼンも

基本的に情報収集はwebやiPhoneからツイート・写真・音声メモ

Evernoteはいつでもどこでもどのデバイスでも利用することができます。 
パソコンでノートを管理編集 
業務中はiPhoneで閲覧し
ちょっとしたプレゼンではEvernoteに保存したPowerPointをiPadで実施したり。




 

Evernoteを通して利用出来る情報は広がる

私は、いいタイミングでEvernoteとiPhoneに出逢うことができました。 
情報を一つに集めて、それを活用することがストレス無く(少なく)できる時代です。 
情報収集も管理も利用も、シンプルにEvernoteにまとめることで、得られる体験。 


皆さんもちょっとでもEvernoteを使ってみたい!と思っていただけたら幸いです^^