2012年9月5日水曜日

236 20秒で理解する転倒リスクの検出方法

学会出張前日なのにまだ準備が万全ではないPTクワエです^^;


9月4日の夕方に新人スタッフ14名?を相手に、
介護予防領域におけるリハの視点転倒リスクをいかに軽減するか」をテーマにお話をしてきました。

仕事が終わって、クタクタな体にムチをうって勉強会に参加してくれた新人さんに寝ないで参加できる内容&プレゼンを心がけました。

スライドで40枚弱でシンプルプレゼンを意識して作成しましたが、
それでも寝てしまう人もいそうなので、最後のまとめのところで、
「20秒で理解する転倒リスクの検出の方法」と銘打ったところ、皆の目が輝いたのを見逃しはしませんでした!

その時のスライドはこちら!



その時のまとめはこちら!

運動機能     
      前方リーチ
25センチ
     
5秒の片足立ち
     
5歩の継ぎ足
     
TUG13.5秒以下


振動覚
音叉を
10秒以上振動を感知

足底2点識別覚
10ミリ程度間隔2点を踵で感知


認知機能
歩行中に「何歳?」と質問する