2012年11月18日日曜日

着る毛布は手放さないアイテムに昇格!



都城は寒い!特に朝の冷え込みはこたえます><

冬の度に悩まされる


都城の寒さは、沖縄生まれの私には尋常じゃない。
とにかく寒い。
寒くて吐きそうになることも。

そんな、私は早朝勉強時にはバッチリ厚着に毛布を腰に巻いて、足元は湯たんぽを仕込んでます。
冬の必須アイテムランキング1位の湯たんぽさん。
それを一気に抜きさって1位に踊りでたアイテムを手に入れました。



着る毛布


職場の仲間から、使ってないからと譲っていただいたのがこちら!
着る毛布。


着る毛布の情報はTwitterで手に入れていはいました。
買うのはどうしようかな~毛布をくるんでりゃ~いいだろう~って思ってた所。


こちらが頂いた物。

色はレッドとネイビーの2色


写真では結構床まである感じ。
でも着てみるとこんなぐらい。


165センチの私が来ると、モップにも早変わり。
床をこするのが気になる人は裾をどうにかしたほうがいいでしょうね。


どうやら、マントのようにも割烹着のようにも着ることが出来る様子。
割烹着スタイでは後ろのボタンを家族に止めてもらう必要があるのですが、
空気の抜け道がなくなるのでかな~り温まります。
お勧めですね。



とにかく温かい


PCを長く向かう仕事では、机ですることが多いですよね。
机は足元の寒さをどう凌ぐのかってところが、快適に作業できるか否かの分かれ目になります。
私はですね。


一昨日までは足元にも湯たんぽを仕込んでその快適な環境を作っていましたが、着る毛布が届いてからはぬくぬくで作業ができます^^
体温で温まった空気が逃げることなくそこにとどまるのがいいんでしょうね~


アマゾンなどで3000円も出せば手に入ります。
一冬の光熱費を考えるとコストパフォーマンスもよさそうですよ。