2013年1月26日土曜日

ジョギングをするようになって変わった3つのこと


走り出したら止まらないぜ~


 今日で連続ジョギングが26日目を迎えました。わーい(∩´∀`)∩ワーイ 少しずつジョギングが習慣となり、変化が見えてきたのでご報告です。





ジョギングするようになって変わった3つのこと


すぐに動けるようになった 
姿勢が良くなった 
子どもと遊び続けることが出来るようになった 

この3つを実感するようになりました。





すぐに動けるようになった


 今のジョギングの目標は4kmを24分で走ることです。このペースは1kmを6分で走るペースはちょこっと息が弾むくらいで、さほど苦しくはありません。気持ちがいいぐらい。 

毎日走るようになってからは、10分ぐらいの時間が出来ると走ってこようかな~と頭によぎるようになりました。走ることが楽しくなってきたからでしょう、時間を見つけては走りたいと思うようになって来ました。


こうなってくると、走るためには時間を作りたいな~どら、あれしようかなっとすぐに動けるようになりました。走る時間を作るには効率よく物事を処理して行かないといけない、自分の時間を作るための効率化が進み、業務や家庭内のお仕事も進むようになって来ました。段取りをつけた後、すぐに動けるようになってきたのを実感しています。





姿勢が良くなった


 ジョギング2週間目に、走っている時に腹圧を抜いてしまった事があり、腹痛と急激なスピードダウンを経験しました。それからは常に腹圧を意識しながら走るようになりました。この腹圧を常に意識するためには、骨盤の前傾を強め(へそを突き出すような感じ)る姿勢を取るようになりました。


すると自然と背筋が伸びてくるので姿勢が良くなってきます。座位でも、立位でも姿勢を意識するようになったので、おしり周りの肉がちょこっとずつ引き締まってきますし、見た目にも若々しさと力強さ?が戻ってきた気がします。腰がまがってしまったご高齢の方よりも、姿勢がいいほうが若く見えますもんね。姿勢を良くすることで若く見えるから不思議です。





子どもと遊び続けることが出来るようになった


 一番嬉しいことはこれです。走る前までは、子どもの遊びの相手は骨が折れる仕事でした。6歳になった長男との遊びはもっぱら「戦いごっこ」か「相撲」。休日や晴れている日なら外遊びが絶対です。「パパ疲れた~」と横になって遊び相手から逃げていたのは去年まで。この1週間ぐらいは、子供と「戦いごっこ」をしても、「相撲」をしてもへこたれません。


まだまだずーっと相手が出来るわけではありませんが、確実に去年よりも遊べてます。子供にとってもパパがジョギングすることはいい効果が得られているようです。





とはいえ、まだまだ1ヶ月目


 今月の目標の体重-3kgは達成していますが、3ヶ月後の-10kgとハーフマラソン完走を前にして有頂天になるわけには行きません。気を引き締めて走っていきます!