2013年1月22日火曜日

ダイソーで揃えられるジョギンググッズ 防寒編

この時季のランナーにとって辛いのは寒さ
 平成25年1月から、いざ、ジョギンを始めようとして、まっさきに壁になるのが寒さだと思います。 私は根っからの寒がり&沖縄産まれ沖縄育ちなので九州の寒さにはまだまだ適応できず。

 とは言え、ジョギングがダイエットの一番の近道なので、走らないわけには行きません。



3つの首を温める


 ハヤベン(早起きして勉強): 都城のTEDといっても過言ではないで私がプレゼンした、「寒いから風邪を引くのは本当?」の中で紹介した3つの首を締めると体温が下がらないって話。あれは日常でも、ジョギングでも体温を保つのに有効です。 

 アイテムを組み合わせて寒さ対策を取ることで、寒いから走りたくない!って気持を和らげることができます。 寒い!って気持を脇においといて、3つの首を暖めながらジョギングに行きましょう!



高いものは買いません!


 まなび長屋の風邪の話でもしたように、3つの首を締める事でかなりの防寒になります。 寒風が入り込まないように、体温が逃げないように組み合わせましょう。 また~高いウェアを買ってとか思ってるでしょ? もちろん、ここでもアイテムを集める場所は我らがダイソーです!



明日行こうぜ!ダイソーさんへ!


基本のアイテムは男の防寒シリーズです。
↑今回、揃えた防寒グッズ。




ネックウォーマー100円
↑男の防寒シリーズ ネックウォーマー100円

 まずは、首から締めましょう。このネックウォーマーは締め付けもきつくなく、ふんわりと首周りを包んでくれます。ウインドブレーカーを首元まで閉めて、その上から装着することでかなりの温感を味わえます。
               
↑装着図。なんでこんなに白いんだ?


次は手首から肘までのサポーター? 商品名はなんだろ?
↑女性物のコーナーに有りました。肘上サポーターみたいな名称だったかな?

 いつもは手袋を装着しているのですが、袖口から入ってくる隙間風も結構な曲者です。
袖口から腕全体を冷やしてしまいます。
なので、今回は、手首から肘まですっぽり覆ってくれる物にしてみました。

↑装着図、この上から手袋をします。

 寒くて手袋を2枚重ねたこともありますが、指先がうっ血してかえって寒くなったことも経験済み。
この手首から肘まで包んでくれる優しさを体験したら、もう手放せません。

春先のちょこっと冷える時期にもいいかも。



手袋100円
↑写真では緑っぽいけど、傾向の黄色です。

 いつもはスマートフォン用手袋210円を愛用しているのですが、ジョギング中はそんなに操作することもないので、目立つ色という理由で選択です。
ウェアが全部真っ黒だと、目立たないため、事故予防にという理由。



反射すそバンド100円
↑自転車コーナーにあります。


 ズボンを裾自体にゴムが入っているウェアを選択すればいいのですが、スネぐらいのズボンの布がこすれるのが嫌いなので、購入。
どちらにせよ、足首を締めることで、下肢の熱を保つ事ができます。


追加、ニット帽100円

↑男の防寒シリーズ 裏地フリースニット帽

 走っていると思っている以上に寒さを体感するのは耳と頭皮。
今回は裏地がフリースのニット棒をチョイスしました。
このニット帽の難点は洗濯を繰り返すと、白い毛玉がついてくること。


まとめ


 全部買い揃えても400円。毎日走ることと洗濯のスケジュールも考えると2セットはあると捗ります。私は3セット準備しているので、毎日走れています。もちろん、洗濯してくれる妻の協力と理解に感謝感謝。