2013年3月5日火曜日

テンポの良い音楽を聞きながらのランニング最高!BODiBEATで最適なテンポを手に入れよう。


ランニングには好みの音楽を聞くと成績アップするとか



毎日のようにランニングを続けていますが、聞いている音楽によって調子が良い日とペースが乱れる日があります。しっとりとした歌ではそんなに走れないし、テンションが上がる曲では走りすぎて続かない。これって皆さんどうしてます?







自分の持っている楽曲で



エクササイズの効果を高める音楽はテンポが大切! 好きな曲のBPMを測ろう : ライフハッカー[日本版]
にて、米ニューヨーク・タイムズ紙のエクササイズとワークアウト中の音楽のテンポについて紹介されていました。エクササイズには楽曲テンポが重要で一般に120~140BPM(Beats Per Minite)が理想とのこと。



とはいえ、120BMPがどれくらいなのかが微妙ですが、「1,2,3,4,アルソック」ぐらいのリズムかな?↑のライフハッカーで紹介されていたBPM Analyzerはクリック先がNot Foundになっていて手に入れることができませんでした。自分の持っている楽曲でその120BPMの曲をプレイリスト化出来たらいいですよね~さて、困っちまった。





測るのはめんどくさそう、でもすぐに出来ます。BODiBEATならね



ちと、測るのはめんどくさい!とおもってました。でもこのアプリなら自分のiPhoneに入っている音楽のBPMを自動で計測してくれます。それどころか、プレイリストも作ってくれるという点です。今まではNike+をダウンロードした時に買ったNike+Basic Run[LSD](これがiTunesで見つからない。いい音楽なんだけどな~)を聞いてました。が、これだけでは飽きてしまうんです。


自分の好きな音楽で自分に合ったペースのランニングが出来る利点を考えると買って悔いなし!元々、ランニング&ウォーキングのアプリなので走行距離を測ったり、走行地図が見れたりとするのですが、ランニングの記録としてはNike+を主にしていますのでそこらへんの機能は割愛します。が、このアプリ1つで十分ランニング記録が取れます。


170円
(2013.03.04時点)
posted with ポチレバ

↑画面右下のアイコンです。こちらは無料版。有料は170円。でも買う価値あり!




↑有料版に含まれる機能のテンポ解析結果


↑自分の伸長体重を入力。大体の歩幅を算出してます。でもなんで?


↑走る前です。直感的にスタートを押したら始まりました。


↑走行中はロックされているので、画面を触ることもありません。
画面右のBPMが私の走っているリズム。
画面左のBPMがアプリが作成した音源のリズム。
気をつけないとだんだんとペースが上がっちゃいます。


↑昨晩のお試しランの結果です。走行時間、距離、消費カロリーはほぼNike+GPSと一緒でした。
平均テンポとか平均ペースが分かるのも面白いですね。





無料版もあります



BODiBEATの無料版もあります。こちらはiPhone内の音楽のBPM解析はできませんが、独自の機能でユーザーの走行レベルに応じたBPMの音源を作ることができます。さすがYAMAHAのアプリ!昨晩、無料版の音源で走ったのですが、テンポが気持ちよくてテンション上がりすぎました。




まとめ



Nike+GPSとBODiBEATを両方たちあげて練習走行をする文には問題ないかと。あとは本番でバッテリーがどれくらい持つかですね。ゆっくりランのBPM、LSDのBPMとプレイリストを作っておいてNike+単体で走行してもいいですね。





170円
(2013.03.04時点)
posted with ポチレバ