2013年4月4日木曜日

30日チャレンジのテーマ 妻との共有する時間を増やすには、お手紙なんかどうでしょう?


先日宣言した30日チャレンジ




EPL10071.JPG / Blue_Ray

30日チャレンジのコミュニティで続々と30日チャレンジのテーマの報告がなされています。より具体的で実施しやすい項目を続けることで、小さな変化が自分を変えていく力が得られます。何も大義を成さなくてもいいんです。継続することが自分の力になることを体感できればいいんです。






さて、私は何にしよう



より具体的で実施しやすいチャレンジテーマを見つける。今までしたかったけどなかなか手がつけられない事。気になるけど読んでいない本。絵を書く。ガーデニングをする。車のこすり傷を直す。などなど、GTDで頭の中でくすぶっているテーマを出して行くと、不意に頭に浮かんだのは「妻との時間」についてです。
clock/時計 / amo_designare




私はライフログの1つとして1日24時間を何に使っているかをiPhoneアプリで計測しています。

3月を例に出します。3月を時間にすると744時間になります。そのうち、睡眠が214時間、家族の時間が212時間、仕事が211時間、自分の時間が95時間、妻との時間は・・・10時間しか無いんです。


家族全員で過ごしている212時間は子供も一緒にいるので、妻と話をしたり悩みを聞いたり、聞いてもらったりとじっくり向き合う事はできません。これからの長い人生を一緒に過ごす、妻との時間を確保することは私の30日チャレンジのテーマにならないかしら?




決めた。



んがしかし、共働きで子供も3人もいるとなかなか夫婦の時間は取れませんよね。睡眠と仕事と家族(子供の相手、家事など)に1日の90%近く持ってかれるのに、夫婦の時間をどこに作りましょうか?なかなか難しい問題です。では、夫婦の時間が持てなくても、お互いの思いや気になっていること、共に考えたいテーマを共有するにはどうしたらいいのでしょうか?




I received a small packet from CANADA! (Surprised Gift) / Hyougushi


手紙なんかはどうでしょう?便箋に愛情をいっぱい書き込まなくてもいいよね。日頃の感謝の気持や、気になっていること、聞きたいことを書いて妻に渡すのなら時間もかからないし、いろいろな事を共有することは出来そうです。いつでもどこでも思いを伝えることの出来る携帯メールでも、妻とやり取りをすることはあります。今回の30日チャレンジではでやっぱり手紙の方がいいよね。




毎日手紙を書こう



まずはいつも作ってくれているお弁当の感謝の気持をお手紙にしてみましょうかね~お返事が来ると嬉しいですね。