2013年6月26日水曜日

早い!安い!効く!三拍子揃った座骨神経痛のストレッチを紹介

前のブログにて座骨神経痛に影響を与えている筋肉のストレッチを紹介しました。

今日は座骨神経自体も体を一緒に動かす方法をお教えします。今回も早い!安い!効く!の三拍子揃ったストレッチなので知っといて損はありませんよ。


↑これだけです。モデルの学生さんの表情をから効果がありそうでしょ!


1.イスに腰掛ける。この姿勢だから効果があります。


2.膝を伸ばす。この時に太ももの裏がつっぱられるのを感じてください。


3.つま先をあげる。足先を自分の方向に向けてください。ふくらはぎの張りを感じてください。 


4.さらに足をあげる。膝を伸ばして足首を自分に向けた状態から、さらに上に足を持ち上げてください。太ももから足先までぴーんって痛みが走りますが我慢我慢。10秒はゆっくりと保ってくださいね。 持続伸張を続けると筋肉内の血管が圧迫されて血流障害が起こる可能性があるとご指摘をいただきました。

なので、実施するときは、足全体の上げ下げを繰り返してください。できるだけゆっくりがいいです。
1~4を実施後、足が軽くなるようなら十分効果が出てます。
今日のストレッチは1回10秒を目安に日に何度か行ってください。ストレッチを行なって足の痺れが強まる、1分以上長引く時は直接ストレッチをやめてくださいね。