2013年8月19日月曜日

幸せになりたいのなら、胸を張って腕を振って歩幅大きく歩きましょう!

幸せになりたいのならスラっと歩きましょう。
なぜなら、喜びと悲しみは見てわかります。

人に与える全体的印象は
見た目が55%
声が38%
話す内容7%と言われています。

やはり見た目でその人の印象がぐっと変わるんです。

特に、理学療法士は歩行観察で人を診ます。

幸せそうに歩く人
落ち込んで意気消沈と歩く人

子供を見ると良く心理状況が分かります。
うれしい時楽しい時はどんどんと進むし、
怒られた時不安なときは一歩がものすごく小さいの。

比較すると
歩幅が大きく
歩数も多く
歩行速度も早い人
が幸せそうに歩く人です。

だから、歩き方を変えるだけで幸せな人になれます。


まずは胸を張って腕を振って歩幅大きくドンドンと歩きましょう!