2013年8月25日日曜日

加齢による筋力低下で重力に負けちゃう。それを防ぐには、まなび長屋にきてください。

加齢にはかないません

幸せ歩行を 取り入れてても
加齢には かないません。
何をどうしたって生きている以上 年は取ります。
年を取ることで 起こる変化って?





姿勢が変わる


全身の筋が衰え
その筋力低下は下肢に著明に。
膝が伸びなくなる
体が起きなくなる
バランスを取るために 腕は後ろに
おじいちゃんの 姿勢ですね




重力に負けるように
常に膝・股関節・体幹が曲がって くるんです。
その状態で歩くとどうなる
じいちゃんの 歩き方になります。

筋力低下は バランス低下も誘発
大きく腕を振る 大股歩きは怖くなる
骨盤の回旋が減少 肩も回らなくなる
筋力低下に続いて 柔軟性も低下
この姿勢って意気消沈歩行に 似ているんです。

この姿勢で歩くと、どんどんと幸せが逃げていく。
この姿勢の変化を防ぐのが幸せに一番近づけるんです。





まなび長屋で学びに来て


まなび長屋Vol.18「すらっとした」歩き方のトレーニング
加齢による姿勢の変化を防ぐ方法を一緒にまなびましょう。
幸せになるためにはスラっとした歩き方を習得したほうが吉です。
9月7日のまなび長屋でお待ちしております。

「すらっとした」歩き方のトレーニング
−歳を重ねても衰えない歩き方のために「今、防ぐこと、今から防ぐこと」−

年齢を重ねた方々はどうしても歩き方が遅くなりがちです。特に50歳を超えたあたりから歩くスピードが遅くなり、歩幅も狭くなっていき、60歳を超えると若い世代に比べあきらかに違いがでてきます。
「年齢を重ねたからしょうがない」と諦めています?それとも「まだまだ自分は関係ない」って思います?
でも、実は歳をとってからの歩き方って若いうちからのトレーニングでだいぶ改善されるんです。しかも、若いうちからすらっとした歩き方ができるってだけで、周りに与える印象もがらっとかわってしまうんです。

今回のまなび長屋では「今、防ぐこと、今から防ぐこと」というスローガンで、自分の歩行能力を知り、今、防ぐことがあることをまなびます。