2013年8月28日水曜日

じーっと伸ばすストレッチは短期的に筋力を低下させる。長期的な可動域の改善には有効。

じーっと伸ばすストレッチは筋力を低下させる。
ちょっと前から言われているストレッチ効果のことです。


持続的なストレッチは
1.関節可動域(柔軟性)の改善
2.筋緊張の低下
3.疲労回復
4.血流増加
5.傷害予防
6.スポーツパフォーマンスの向上
を目的に実施してます。

運動前に行うストレッチは筋の柔軟性を高めて、活動時の急激な筋収縮や伸張刺激に対応するが主目的ってのが一般的な理解ですよね。

んでもね、論文を読んでみると
スクワットやベンチプレス等の単発的な筋収縮力の低下、
ジャンプ高の低下、
最大筋力の低下
を引き起こす報告が多いんです。

短期的、即時効果としては筋力を低下させるってのが有力です。

んじゃ、長期的にはどうでしょうか?

週5回、3週間のストレッチにおいて膝関節に関する筋の柔軟性の増加が得られた論文がありました。長期的には可動域の改善に有効。


可動域を取るか筋力を取るか。
その選択は治療方針によって変わりますね。

詳しくは後ほどまた書きます。