2014年6月26日木曜日

運動中の突然死、男性は5倍!!精密検査の前にセルフメディカルチェックをおすすめ。


夏だ!露出が増える時期となると…


夏を前にして体を絞ろう!と励んでいる男性諸君!
夏のビーチで肉体美をお披露目したい気持ちは痛いほど分かる。

Naha sky / 那覇の空 / jetalone


でもね、いきなり運動するには結構なリスクが有ることを知ろう。
運動中の突然死は意外に身近にあり、男性が女性の4~5倍も多いんです。







運動中の突然死


突然死のなかで、中高年層に最も多いのは心筋梗塞。
突然死の中で最も多い急性心臓死 東京都福祉保健局

突然死(予期せぬ死、急死、頓死)
瞬間死あるいは急性症状の発現後24時間以内の死亡で、外因死を除いた自然死のことをいいます。

若年年者では肥大型心筋症や左冠動脈起始部の奇形などが原因となってます。それらの大半は循環器疾患であり、事前の検査を精密に行うことにより、突然死を少なくすることができます。
中高年にせよ、若年者にせよ、人間ドックを始めとした精密検査を受けることをおすすめします。





精密検査の前に自らできることは?


精密検査をするってそんな大げさなって思いますでしょ。
費用もかかりますもんね。

精密検査を受けつ前に自らできることとして、セルフメディカルチェックをしてみましょう。

心筋梗塞など重篤な疾患症状が生じる前に、前駆症状として体に前兆が現れます。

下の項目で当てはまるものがあったら精密検査に行きましょう。


1.運動すると胸が締め付けられるような痛みが生じませんか?(胸痛)


2.運動して、一度でも呼吸のリズムが乱れることがありませんか?(呼吸困難)


3.肩から腕にかけての痛が出ませんか?(狭心痛)


4.運動すると急に体温が急上昇する・大量の汗がでる(通常の運動時以上に生じる)


5.強い疲労感、胃腸症状、強い息切れ、不快感、めまいはありませんか?





まとめ


自身を鍛えるためとしてランニングブームが数年前より高まってます。

皇居ランニング Running around The Imperial Palace / jetalone


ブームを楽しみ自分を鍛える事が健康のためであるのなら、一度、精密検査を受けてみる。その前にセルフチェックをすることで、突然死のリスクを減らしましょう。