2015年9月12日土曜日

ハードカバーって重いのね.そりゃ~詰まってますから,思いが!

博士号修了の最後の仕事として,博士論文の印刷があります.これぞ!博士論文って感じのハードカバーの論文とお世話になった先生方へお渡しするソフトカバーの2種類を作ります.

先日,注文していたハードカバー版が届いたのでご紹介.1冊で結構な重量感があります.こりゃ重い.思いが詰まってますからね.


博論を作る人によりますが,ハードカバーは数冊から10冊ぐらい.主査の先生,論文受領教官,指導教官にはお渡しするのが多い用です,

ちょっと前までは,大学に2冊は提出するのが通例でしたが(1冊は大学管理,もう1冊は国会図書館?),今回は大学側へは完成博論のでーたの提出でOKでした.何事もいまは紙ベースよりもデータベースになってますね.


私は,今までの指導教授,超~お世話になった先生,主査の先生,論文受領教官,職場の理事長,沖縄の実家,自宅保管用と10冊ほどハードカバーを作成しました.

これがまた,結構なお値段がするのですが,こちらのお店を利用することで相場よりも数割お安く作成することが出来ました.

何事もお金ではないですが,お小遣いの少ない私には大事な事!



印刷作業の途中でちょいちょいと修正の依頼,発送直前に連絡をとったりと,お客としては対応が大変だったと思いますが,快く対応していただけました.感謝感謝.
今後,同僚,後輩がハードカバーを作成することになった時には紹介しますね~

担当者様より,ありがたいコメントが.
直筆でいただくと嬉しいもんですね.