2012年2月29日水曜日

30 持つべきものは仲間

スケジュール間違ってた


昨日のブログを見てくれた仲間からアドバイスのメールが届きました。
ありがたい!

busan02 / Tohoku-Pacific Ocean Earthquake(MOFA, Japan)




彼の実体験からすると


  • 予備審査は11月,予備審査の博士論文提出は11月頭ですが,10月末と思った方が良い.
  • 修正も考えると10月頭には一度形になるものをつくらないといけません.
  • 7月提出の論文の結果が9月中旬になります.3回くらいは修正がかかりますので,採択される場合は早くても10月末くらい.
  • なので,9月から10月は同時に3から4つの作業が同時進行して行きます.
  • 予備審査申請ギリギリまで作業が詰まっている感じです.
  • その他,予備審査の印刷・製本をしたりなど予想外の作業が立て込んできます.

    手作業 / HIRAOKA,Yasunobu

    とのこと。
    こりゃ~キッツキツだ(;・∀・)



    実体験だから信じれる


    「今考えているスケジュールだといざ違うことに気付いた時に相当慌てるだろうと思い,忠告させてもらいました.」
    とのこと。ありがたいですm(__)m

    2012カレンダーを印刷 / yto


    昨日書いたスケジュールは間違っていて

    間違い


    今年5月国際学会発表
    7月末論文投稿
    11月博士論文提出
    来年1月予備審査
    2月本審査
    3月卒業


    彼のアドバイスから修正
    今年3・4・5月で国際学会・論文の準備
    5月末国際学会発表
    7月末論文投稿
    9月シンポジウム学会発表
    9月末論文修正
    10月予備審査用博士論文提出
    11月予備審査

    来年2月本審査?
    3月卒業



    いろいろ準備が大変だな~
    今書いていた博論の骨子の肉付け用として、国際学会と7月論文作成を走らせています。
    うまいこと重なりを持たないと難しいだろうな~


    やるしか無い


    まあ、兎にも角にもやるしか無いんです^^
    がんばります!